INTRODUCTION

本研究所は平成23年4月に福岡大学産学官連携研究機関の一つとして設立されました。ライフサイエンス領域における大学及び企業から発信された最先端の研究成果を、医薬品・医療機器・健康関連商品などとして社会 へ還元することをミッションとしています。その研究開発の過程の中で最も重要なプロセスである非臨床(試験管や動物などを用いた研究)から臨床(ヒトにおける研究)への橋渡し研究を中核に、新規なシーズの発掘から承認申請業務までを一貫して実施するプラットフォームの構築を目指しています。併せて臨床研究人材育成や国際共同臨床試験の推進などを実践して、福岡大学および企業発ライフサイエンス関連商品のアジアなどの国際市場における競争力の向上に寄与できるよう努力致します。

ライフ・イノベーション医学研究所 所長 大慈弥 裕之 (福岡大学 副学長、形成外科学 主任教授)

福岡大学および福岡大学連携企業発の最先端研究成果(シーズ)を社会へ還元するのに、ライフサイエンス領域においては、そのシーズがヒト(被験者)において有効かつ安全であることを臨床研究・臨床試験・治験で検証し、医薬品・医療機器の場合は最終的に規制当局(国)による承認が必須となります。この過程で非臨床試験から臨床試験への橋渡し研究が最も重要かつ必要不可欠なステップですが、国内的にその体制整備は極めて脆弱なものです。また、健康関連商品(健康関連器具、介護・福祉用具、機能性食品)の場合は一部(特定保健用食品)を除いて臨床研究で証明することが法的には義務付けられていませんが、そのためにヒトで効果および安全性が曖昧な商品が数多く市場に出回っていると言っても過言ではありません。
以上のように、ライフサイエンス領域においては真に社会貢献を実現するための非臨床試験から臨床試験への橋渡し研究の充実が喫緊の課題と考えます。その観点から、ライフサイエンス領域の社会貢献をミッションとして、橋渡し研究の体制整備・推進を中核とし、シーズの発掘から承認申請業務までを一貫して実施する機関、即ち、シーズ発掘システムの構築、医師主導型治験支援プログラムの研究開発、産学官連携システムの構築、橋渡し研究のための人材育成プログラム開発と実践、さらにはアジアなどの国際共同治験の推進と国際市場における競争力向上までを見据えたライフ・イノベーション医学研究所の設立致しました。

BACKGROUND >


PLATFORM >

コメントは受け付けていません。